天井高を考える

厚木の注文住宅の天井高を考える

厚木の注文住宅の天井高をどれぐらいにすべきかを考えて見ましょう。一般的な天井高の考えは、広々とした大広間は、天井を高くしないと圧迫感を感じる場合があります。

逆に狭い部屋では少々低くても構わないですが、少し高くする事で部屋の狭さを解消させる効果があります。建築基準法による住宅の居室の天井高は最低限2,1メートル以上取るように規定されています。しかし2、1メートルではとても低く感じます。最近の若者は身長が伸びているので、2、1メートルでは天井に手の届く人もいるでしょう。

そこで厚木の注文住宅は、居室の天井最低でも2、4メートル確保する様にすると良いでしょう。厚木の注文住宅でお客様の要望により、居室が10帖以上になる場合は天井をもっと高くして2、5メートル取っても良いでしょう。

トイレや洗面所などの狭い部屋の場合は、逆に2、2メートルほどに下げても違和感は無いでしょう。和風の注文住宅で4,5帖ほどの和室をお茶室にしたいという希望があったら、天井は2、3メートルほどに低くしても良いでしょう。お茶室は畳に座り部屋を広く取らないので、天井を低くする事で落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるのです。

最近は日本人も身長が伸びてきているので、既製品建具なども高く作る様になりました。これらの既製品建具とのバランスを考え、全体的に身長の伸びてきている事を考えると、注文住宅は天井野高さをもっと高く2,5メートルにしても良いでしょう。玄関や玄関ホールのスペースが狭い場合は、天井を出来るだけ上げてやるか、思い切って吹き抜けにする事で、開放感のある狭さを感じさせない玄関や玄関ホールになります。

またリビングなどでかなりの広さを取った場合は、天井をデザインする事で、天井を低く感じさせないお洒落な部屋にする手法を考えて見ましょう。それは部屋の中央の天井を、丸や四角場合によっては菱形などにデザインして一段高く上げてやる事です。これで天井のデザインと高さの出る事で、通常の部屋とはまるで違う雰囲気を持つ新しいイメージの部屋に生まれ変わる事でしょう。

この様に天井の高さは部屋の広さや用途によって変えることで、その部屋の持つ雰囲気や空間のイメージを変えてしまうのです。注文住宅の場合は、人が生活する上で快適な天井高を確保しなければなりません。厚木の注文住宅の場合も、各部屋の広さや用途を考え、住む人の要望も取り入れて、より快適な住空間をつくり上げましょう。”