念書の問題は相談しましょう

交通事故の念書の問題は弁護士に相談しましょう

交通事故を起こしてしまった場合には、速やかに警察を呼んで事故処理を行ってもらうとともに、事故証明書の発行のための現場検証を行ってもらうことが大切です。基本的に交通事故の場合には警察の事故証明書に基づき双方の代理人、多くは保険会社が示談を行い、過失割合を決めていくものなのでその場で判断できるものではないのです。
にもかかわらず、修理代や治療費を全額支払うという念書を書くことを現場で強要される場合も有りますが、この場合は決して念書を書かないことです。それでも強硬に行ってくる場合には、弁護士に相談しましょう。

特に執拗な相手に対しては、法律に詳しい弁護士が代理人となることで、相手の強硬な態度を和らげ、示談に持ち込むことができます。もし特に弁護士がいない場合などは、その旨保険会社に相談すれば、保険会社で専属の弁護士を紹介してくれます。

交通事故は決して起こしてはいけないものですが、相手があっての問題なので起きてしまうこともあります。しかし、事故を起こした時点では気が動転しているので、相手が強く出てきた場合には、自分が悪いのだという思い込みと、この場を早く収めたいという心理が先に立ち、ついつい相手の言うなりになってしまいそうになるのですが、中にはその心理に付け込み不当な要求をしてくる者もいます。事故をいいことに過剰な金額のお金を取ろうとしたり、その事故で壊れた部分ではないのに法外な修理代を請求したり、或いは異常がないのに身体の傷みを訴え通院費や入院費を詐取したりするものです。残念ながらこのような人間が多いのも問題ですが、けっしてそのような人間に付け入る隙を与えないように、問題が発生したらその旨を保険会社と弁護士に正確に話し、相談することが非常に重要です。

交通事故の問題点は、その大抵の場合が道路上で互いに走行している場合の事故であり、そのため警察の現場検証を経て得た事故証明に基づき公正に処理されるべきものです。当事者同士でその場で示談や交渉をすることは不利な状況に自らを追い込むことになるので気を付けましょう。事故が発生したら速やかに警察と保険会社に連絡して、その判断を仰ぐことがとても重要です。

交通事故を起こした際にすぐに念書を書かせるものの中には、警察を呼ぶことを何らかの事情で阻害したいと思う人も多いので気を付けましょう。その中には、警察を呼ばれるとまずいもの、例えば免許取消の状態や無免許運転で有る場合も有ります。この場合にも怪しいと思ったらすぐに警察と保険会社に最初に連絡を入れましょう。”