標準仕様について

厚木の注文住宅の標準仕様について

注文住宅は一から設計するものだと思っている方も多いと思いますが、実は注文住宅にも標準仕様というものがあります。これは、注文住宅を設計する際の元になるもので、注文住宅はこの標準仕様を元に施主の要望に応じ変更してゆく、というやり方で設計されるものも多いのです。

その理由は、設計を一から行う場合には、施主の希望を元に設計士が設計を行うことになりますが、施主は建築に関し素人である場合が多く、その要望が非現実的であったり、また設計士がその意図を充分にくみ取れない場合も多く、打ち合わせが長引いたり、施主の意思に沿うものがなかなかできなかったりという場合も多いため、予め標準的なものを用意することで施主にわかりやすくする意図も含まれます。

これらの仕様はその地元の建設会社や工務店、その他建設会社により異なりますが、概ねその地域の特性に合った使用が用意されていることが多く、基本的にはその仕様だけでもその土地の気候風土に合った家が出来る程度の使用を持っていることが多いものです。

たとえば厚木のような海に近く潮風の影響を受けやすい場所に建てる住宅は、潮風に強い仕様であることが大前提となります。この使用の上に、たとえば天井高を上げたり、収納を増やしたり、といった変更を行ってゆくパターンが多いのです。

他にも、標準仕様として用意されるものとしては、壁面収納や天井収納、天窓などのオプションが用意されていることが多いでしょう。これらは注文住宅にオプションとして使用されるものですが、良く選ばれるものですので、予め基本的なものを用意しておく場合も多く、施主の選択に合わせてセットアップすることも多いものです。

このように、注文住宅は一から設計するものもありますが、コストを下げたり、また施工期間を短縮したりする目的であらかじめ基本的な仕様を決定しておき、これにオプションを組み込んでいく形の物も増えているのです。

また、厚木のような海に近いところでは、サーフィンやヨットなどを楽しむ人も多く、これらを収納しまたメンテナンスなどを楽しむ人も多いため、これらの人向けに特別のスペースを作る家もあります。厚木の海沿いでは特にその需要が多いため、比較的安価に建てられるよう、基本的な設計の物を厚木の海沿いに建てる注文住宅向けの標準仕様としている建築会社もあります。

このように、注文住宅は決してすべて一から設計したてるものではなく、予め基本となる仕様があり、これをもとに施主と建築士が話し合い、この部分を変える、もしくはこの部分をなくすなどのカスタマイズを行い、最終的な家の仕様を決めていくやり方が主流になって来ています。この方法だと注文住宅が比較的安価になり、また工期も短くなるうえ、自分の好みが反映された家に住めるので、施主としてはとても喜ばしい方法といえます。”