注文住宅相場について

厚木の30坪の注文住宅相場について

厚木での注文住宅について30坪相当の場合における相場は、その条件によって変わってきます。そもそも30坪相当ということであれば、1坪がだいたい3.3平方メートルと仮定するとおよそ100平米の住宅となりますが、その注文住宅でのレイアウトなどの依頼内容とその素材などに関しても一定の条件を付ければその金額は高くなることになります。

あらかじめ用意する土地も厚木のように横浜や川崎、相模原と言った人口の多い政令指定都市であればさらに土地代も高くなりますから、土地も建物も相応に高額になると考えておくことが必要となります。また、幹線道路沿いなどの場合もその利便性から土地代が高くつくことになります。つまり生活の便利性をとるならば相応に高くなるということになります。

こうした点から一口に厚木の注文住宅の相場がどのくらいなのかを決めると言っても一概には言えず、様々な要因によって変わってきてしまうことになります。

そもそも注文住宅とは、施工主、家主が設計事務所や大工やハウスメーカーに依頼し、既に用意してある土地に家屋を建築させるために、土地は別途用意しておく必要がある、またはその注文先のハウスメーカーなどが用意している土地などがあることが重要となります。ある程度レイアウトが決まっているものがその主流となりますが、最初からすべてを決められるものもあり原則オーダーメイドですから、その間取りや外観、構造の設計が自由に決められることが多くあります。

注文住宅の場合は、最初から自分が用意している土地の上に施行するのが原則です。たとえば、もともとあった古い家を取り壊してその上に改めて新築する住宅であったりしますので、土地代を考えなくても済むメリットが多くある場合がほとんどです。

あらかじめ土地を購入しておくなり用意しておくことができて、その金銭的負担を考えなくても済むのであればすべてを住宅につぎ込めることになればその相場は高くすることができます。業者側も30坪ですから2階建ての標準的な家を建てることを考えてくるのが一般的です。

それでも中を吹き抜けにしたいであるとか、屋根には太陽光発電用のソーラーパネルを付けたいであるとか、そうしたことにも施工主側である程度注文を付けることができますし、またホルムアルデヒドのようなものを含む接着剤を使用しないでほしいという要望も金銭面である程度の余裕があればしやすくなるメリットもあります。”