脳死となった場合:弁護士について

交通事故により、脳死となった場合:弁護士について


交通事故などにより、脳死となってしまった場合には、どのようにしたらよいのでしょうか。

例えば、交通事故などにより脳死となってしまい、銀行などの口座からお金を払い戻す際などに、どのようにしたらよいのでしょうか?

そのような場合には、弁護士を立てることが必要となります。

これは、銀行などもそうですが、通帳などの名義人が交通事故に遭ってしまい、意思表示などが出来なくなってしまった場合に、支払を誰に行うか?ということを決めるために、弁護士が立ち会いなどをする場合があります。

例えば、未成年の子供さんであれば、親が未成年の権利者として、親権があります。

しかし、交通事故などの場合に、障害などが起こってしまった場合には、上記のように、別の人間が脳死となってしまった人の権利者になり、その人のために、銀行などから、お金をおろしたりする必要があります。

しかし、悪用などをされては大変困るため、またその人の権利を奪ってしまうものであるため、弁護士を立てて、その人の権利者を決める必要があるのです。

例えば、これらは成年後見人などと呼ばれることもあります。

銀行などの金融機関では、通帳などからお金をおろす際には、必ず本人からの申し出などがなければなりません。

場合によっては、配偶者などの場合には、おろすことが出来ますが、金額なども決まっており、かなりの高額の場合には、名義人である本人が、銀行などに直接行き、そこからお金を引き出すようになっています。

つまり、本人の意思がとても重要なのです。
しかし、上記のように交通事故などで、障害がおこってしまった場合などには、このような意思の表示が出来ません。
そのような理由から、弁護士に依頼を行い、だれが、その方の後見人となるのか?を証明する必要があります。
これらがあることで、障害に遭ってしまわれた方も、家族などが成年後見人となり、銀行などからお金をおろしたりすることが出来るようになります。

逆に、このような手続きをきちんと行わないと、そのように障害を判定されても、銀行などからお金がおりることはありません。
権利者の権利として、侵害されてしまう恐れがあるためです。

そのため、必ず弁護士に依頼を行い、このように後見人を正式に立てることが必要となっているのです。
これらは、多くの金融機関で、同じようになっており、独断で、後見人などを立てずにお金をおろしたり虚偽の報告などをすることは一切出来ないです。”