注文住宅の設計

厚木の注文住宅の設計を考える

厚木で注文住宅を造る時はしっかりした所に設計をお願いしましょう。極端な話ですが大工さんでも出来るのですが、ただこの場合は厳密に言うと、間取り図程度のものになるかもしれません。工務店や建築会社でも建築士の資格を持ち、注文住宅の設計に携わっている技術者も多くいると思います。大切な事は建築主の夢や希望をよく理解して、その夢や希望に沿いながらもそれ以上のデザインや提案をしてくれるような設計で無ければならないでしょう。厚木で注文住宅を建てる場合に、建築主の言うままに間取りやデザインをして持って行くようでは良い建築士とはいえません。

お客様は建築については素人ですから、ただ自分の考えを言うだけで形に出来ないのでプロである建築士の設計を受け入れるしかないのです。どこかおかしいなと思いながらも指摘できるはずもありません。また逆に自分の思いや造ってみたいデザインをお客様に押し付ける建築士もいます。これなどにかかると最悪な注文住宅になってしまいます。一見デザインも良くカッコよく見えますが、いざ住んでみると生活のしにくい使い勝手の悪いとんでもない注文住宅が出来る事になったりします。厚木でデザインが良くて快適な注文住宅を造るなら、建築主の話をよく聞いて理解してくれる建築士を選ぶ事でしょう。

注文住宅は建築主にとって、自分の夢を実現して快適で安心安全な空間でなくてはなりません。建築士は建築主の夢や希望を理解する事で、どの様なデザインや住空間を望んでいるのかを察知する能力が無くてはなりません。それをプロである建築士はさらに発展させて、より良いデザインや間取りである住空間に変身させてやらなくてはなりません。畳の生活を好んでいる人に洋室を提案したり、逆に洋室の生活になれている人に畳の和室を提案する事は的外れもいいところです。

確かに高齢者で布団の上げ下ろしが苦痛の場合は、洋室でベッドの生活を提案する事は建築士としての重要な提案能力です。この様にケースバイケースの状況を察知して、何が建築主の為になり利益になるかを判断して提案して具現化してゆくかでしょう。

住む人の立場を理解してその立場に自分を置く事で、求めている事やこれから必要な事を察知して、実際に図面に反映させて施工させてゆかなくてはなりません。建築主の利益を第一に考える事を最優先すべきです。そうする事で建築主にとって最高の注文住宅の設計が出来る事でしょう。”