地価、建物価格

厚木の注文住宅について・地価、建物価格

家を建てるということは、男性の一生に一度のテーマではないでしょか。勿論、一度でなく数度、また、男性でなくとも女性にもこんな機会が有るかもしれないです。地域により地価も違うし、メーカーに依っても建物価格は変わってきます。一般住宅でしたら数千万、億という途方もない金額です。さて、ここで厚木の注文住宅について10社ほど簡単に調べてみました。

各社それぞれ注文住宅のセリングポイントがあり、メーカーも自社の特徴などを全面に押し出して個別化を図っています。高級志向や低価格を売りにする、デザイナーズ系のもの、耐震、耐久性を第一をうたい文句にしたものなど様々です。しかし、これらはすべて切って離せないもので、現在の建築技術なら、どのメーカーも楽々クリアーするものばかりでしょう。

まして、ある程度、販売実績がある厚木の会社であるなら問題はないでしょう。ただし、会社が吸収された、しつこくアピールされるような会社は避けた方が賢明です。

まずは、信頼されている、信用できる注文住宅の展示会、説明会などに出向くことを強くお勧めいたします。それと建物価格の明細、不明な点等についても質問しましょう。できればメモ等も取るとよいですね。そこで注文住宅の価格ですが、厚木では、だいたい25~90万/坪ぐらいの設定が多いようです(一般住宅)。

大手メーカーのほうが10~20パーセントほど割高感がありますが、当然、後のトラブルについては、大手メーカーは手厚い補償が有ると思いますので、その分は差し引かなければいけませんね。

逆に、20万後半/坪の建物に関しては、高いものと比べると外観的にそれなりの感じです。例えば、家全体が同じようなデザイン、材料などで統一されたような外観がおおいと感じます(建物価格それなりです)。

これについては、別途オプションのかたちでカスタマイズを受けてくださる業者が大半であると存じます。くれぐれも予算や支払い計画に適った注文住宅を検討してください。折角の自分の家が、自分の重荷になることは何よりつらいことですので。土地はある程度の財産になり得ますが、建物は減価償却されますので。もう一つ、メンテナンス性の良い建て方を検討下さい。

土地を有効に活用しようとするあまり、窮屈な建て方をしてしまうと、後のメンテナンスに費用がかかったり、修繕が困難になる、死地ができるようなことも考えられます。特に裏庭なんかより、表スペースを広く空けることは大変重要となります。”