内容証明について

交通事故の際の弁護士からの内容証明の取り扱い


交通事故に遭った場合、相手方との示談がうまく進まない場合があります。基本的には保険会社同士で行うのですが、特に車対人などの場合には相手方の保険会社が直接連絡してくることがあります。この際には対応に気を付ける必要があります。
基本的に保険会社は、出来るだけ相手方に保険金を支払いたくないものです。まして、交通事故の現場を目撃しているわけでもないので、例えば青信号で横断歩道を渡っていて車に引かれたとしても、歩行者側の過失を追及してくる場合があります。しかしこちらとしては納得がいかないと示談を拒んでいると、相手側は弁護士を代理人としてたててくる場合があります。

弁護士は法律のプロの上に、法律を上手に使って裁判で勝つ、もしくは示談で依頼人に有利なように決着させることが商売ですので、色々な手を講じてきます。まずは交通事故の加害者である相手側の言い分をまとめて、内容証明で送りつけてくるケースがほとんどです。この文書は決められた期限以内に何らかの反論を法的にしないと相手方の言い分が有効になってしまうという厄介な文書なのです。こうして相手方の弁護士は法律的な手段を巧みに利用して、依頼人に有利なように進めようとするものです。

内容証明を無視していると相手の言い分を認めたことになり、相手の思うままに示談なり裁判が進んでしまいます。これに対抗するためには、こちらもこれに対抗する手段を講じておくことが必要になります。とは言っても、法律的に素人である一般の人ではなかなか勝ち目はないものです。その為事前に出来れば弁護士、もしくは保険会社を最初から示談の際にたてておくことが非常に重要です。車やバイクを持っていて任意保険に入っている人であれば、歩いていて事故に遭った場合にも顧客に対するサービスとして示談交渉の代理人としての役割を果たしてくれます。また、それが無理な場合には法テラスなどに相談をして、弁護士を付けてもらうことを勧めます。法テラスで有れば相談は無料ですし、こちらの状況を話せば着手金なしで動いてくれる人もいるからです。

交通事故は非常に厄介なトラブルを生むことも多いものです。日頃から交通事故に遭わないようにすることはもちろん大切ですが、万が一あってしまった場合のために、任意保険などはしっかりと入っておくことが大切です。任意保険に入るという事は自分が事故を起こした場合だけでなく、事故に遭った場合にも頼りになる存在だからです。”