厚木で注文住宅

厚木で注文住宅を新築する際のスケジュール

厚木で注文住宅を新築する場合には、完成までのスケジュールをしっかりと計画することが大切です。注文住宅では、厚木に新たに土地を求める場合と、元々厚木に注文住宅を新築できる土地がある場合とではスケジュールが異なってきます。また元々厚木に土地を持っている場合には、建て替えの場合と更地の場合でもスケジュールは異なってきますので、どのような環境から注文住宅を計画するのかを決めることがスタートとなるのです。

厚木に土地を購入して注文住宅を建てる場合には、土地を探すところからスタートします。注文住宅の設計プランは、土地の形状が分からなければ検討することができませんので、土地を購入するまでは先に進むことができないのです。

前面道路の幅員や隣地との高低差、道路との高低差など現地を確認してから設計にとりかかるのが普通ですから、土地を購入しなければ明確な計画はできてこないのです。土地の購入が決まれば、設計を依頼する業者を決めることになりますが、設計事務所もあれば工務店もありますしハウスメーカーもあります。

ハウスメーカーは注文設計と言うよりは既成品化している住宅ですし、設計事務所では施工を工務店などに発注するスタイルをとります。工務店では自社で設計できる場合と設計事務所に設計を依頼する場合とがあり、業者の経営方法によっては設計内容にも大きな差がでてしまうのです。設計を依頼する業者が決まれば、打ち合わせを繰り返しながら設計プランを決めていきます。

設計プランが決まるまでは新築にかかる総工費も決まりませんので、設計プランにこだわりすぎて何度もやり直しをしているとそれだけ完成までにかかる時間が長くなるのです。設計プランが決まり建築確認が通ればいよいよ施工に入ります。施工に関しても木造在来工法と、ハウスメーカーの軽量鉄骨造では工期が異なりますので、着工から完成までの期間も構造によって異なってきます。注文住宅を新築するには、スケジュールにそって進めることが大切ですが、依頼する業者によっても異なりますし、構造によっても完成までの期間が違うのです。注文住宅を新築するには、土地を購入する段階から設計プランの決定までの期間が最も変動の大きい期間となりますので、効率よく進めることでスケジュールを短縮することが可能です。一般的には土地を探す段階からはじめて2年程度の期間をみる必要がありますので、すぐに居住したいと言う人には建売り住宅があっているのです。”

  • 厚木の注文住宅の標準仕様について 注文住宅は一から設計するものだと思っている方も多いと思いますが、実は注文住宅にも標準仕様というものがあります。これは、注文住宅を設計する際の元になるもので、注文住宅はこの標準仕様を元に施 …

    標準仕様について

  • 厚木の注文住宅の天井高を考える 厚木の注文住宅の天井高をどれぐらいにすべきかを考えて見ましょう。一般的な天井高の考えは、広々とした大広間は、天井を高くしないと圧迫感を感じる場合があります。 逆に狭い部屋では少々低くても構 …

    天井高を考える

  • 厚木県で注文住宅を建てるなら耐震性にも注意する 厚木県で注文住宅を持ちたいと思ってる方は、いろいろな希望条件をあらかじめ決めておくことが大切です。 例えばその一つが、外観デザインです。外観デザインは長くその家に愛着を持て …

    耐震性にも注意する